可愛い3人姉弟の子ども達の成長とmammaの楽しい日常を綴った親バカ日記。


by i-pot
カレンダー

<   2008年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

沐浴

4月30日 水曜日 晴れ


「お産の家」に滞在中、毎日とてもいいお天気でした。

窓から心地いい風が入ってきて、とっても静かで。
b0061588_1133423.jpg

今まで生活していた世界とは時間の流れが違う空間。
とにかくのんびり過ごしました。

昨日からTatukiの沐浴が始まりました。
b0061588_1136567.jpg

mammaが入れるのがあまりに下手でTatukiが大泣きだったので、
助産婦の沖野さんが
「沐浴は、お父さんの役目ってことにしたらどうかな?」
と言って下さり、今日からはdarlingが入れてくれることになりました。
b0061588_11385273.jpg

darlingの手はやっぱり大きくて安心するんだね。
気持ちよさそうにお湯にポカリと浮いていました。

b0061588_11402876.jpg

これからも、沐浴はよろしくね!
[PR]
by i-pot | 2008-04-29 11:31

初めての朝

4月28日 月曜日 晴れ


出産の日のblogをやっと更新できたら・・・

みんなから温かいメッセージをたくさんいただき、
みんなに祝福されて生まれてきた我が子の幸せに感謝でいっぱいです。
ありがとうございます。
これからも、ボチボチと更新がんばります。


Tatukiが産まれて、初めての朝を迎えました。
b0061588_11154254.jpg

昨夜、産まれた赤ちゃんはdarlingが「たつき」と命名してくれました。

毎週散歩に通っていた岡崎城の中の龍城神社でいつも
「赤ちゃんが元気に生まれてきますように。早く会いたいな。」
とAnneがお参りしてくれていたので、その神社の名前からいただきました。
あと、ドラゴンズファンとしては「龍」の字を使わないとねっ♪

お産の家は、助産婦の沖野さんが雨戸を開けてくれる音で朝が始まります。
b0061588_151795.jpg

優しい日差しが差し込む縁側でTatukiと一緒に日向ぼっこ。

Anneが優しくそ~っと何度もTatukiの頭を撫でて
「かわいいね。」
と言ってくれます。
b0061588_11213520.jpg


みんなに祝福されて生まれてきて、Tatukiは幸せだね。
そしてTatukiがまた私たち家族のことを幸せにしてくれるんだね。

b0061588_11253568.jpg

バアバもTatukiを嬉しそうに抱っこします。
今回のお産はバアバにいっぱいお世話になって、出産にも立ち会ってもらえて、
改めて母のありがたさ、素晴らしさを身にしみて感じました。
バアバ、私を産んで育ててくれてありがとう。

そしてdarling。
b0061588_11241745.jpg

mammaと結婚してくれて、2人も可愛い子どもを生ませてくれてありがとう。

Tatukiと一緒に迎えた初めての朝は、
この世界のすべてに感謝したくなるような素晴らしい朝でした。
[PR]
by i-pot | 2008-04-28 23:12

幸せなお産

4月27日 日曜日 晴れ


そろそろかなぁ~と思っていましたが、今朝、おりものに混じって出血が。
たぶん「おしるし」だっ!

いつ陣痛が始まってもいいように心構えをして1日を過ごすことに。

b0061588_19223714.jpg

まずは・・・
とってもいいお天気なので、Anneと公園へ。
しばらくAnneとこんな時間が過ごせなくなるかもしれないもんね。
満喫しなくっちゃ。

お昼ご飯は、しばらく外食もできなくなるかもしれないから「お寿司」を食べに。

帰ってきてから、何日か食べられるカレーライスを作って、そのときを待つばかり。

午後17時。
キタ~ッ!
待ってましたという感じで、突然10分間隔の陣痛が始まりました。
b0061588_19285179.jpg

この大きなお腹とも今日でおさらばになりそうなので、とりあえず記念撮影。

10分間隔のうちに急いでシャワーを浴びて、みんなでカレーライスを食べました♪
すると・・・
気がつけば5分間隔に近づいてきたので、あわてて吉村医院へ電話して、darlingの運転する車で向かうことに。
Anneもバアバも一緒です。
この時間のお産ならAnneも立ち会えるので、なるべく早くお産になるといいなぁ~。

到着したのは18時半頃。
あっという間に子宮口が開いてきて、本格的なお産に突入。
darling、Anne、バアバ&助産婦の沖野さんが見守る中、「お産の家」でのお産が始まりました。
b0061588_19355623.jpg

Anneが一生懸命背中をさすったり
「イタイイタイのトンデイケ~!」
と声援をくれて、とても心強かったです。
b0061588_19371778.jpg

Anneはこの状況下でも余裕の笑み。

mammaは呼吸法で陣痛を乗り切るぞ!
と思っていたのですが・・・
やっぱりそんな余裕はなく、沖野さんの腰のマッサージに支えられて、押し寄せてくる激痛と戦っていました。
そういえば、先日出産した友達が
「スイカが通ってくる~と思ったよ!」
と陣痛を語っていたのをぼんやり思い出していたところ・・・
19時41分。
b0061588_1941224.jpg

陣痛開始からちょうど2時間40分。
元気な男の子が誕生!

可愛くて、感動して、涙が出て。
何だか、とにかくめちゃくちゃ嬉しいよ。
さっきまで陣痛で苦しんでいたのが嘘みたいに、安らかな気持ちに包まれました。
「私たちのところに産まれてきてくれて、ありがとう。」
何度も赤ちゃんにお礼を言っていました。
b0061588_19441287.jpg

今日からmammaが一生「お母さん」だよ。
よろしくね。

周りで支えてくれた家族や、助産婦さん。吉村先生と安田先生に感謝です。
「幸せなお産」をありがとう。
[PR]
by i-pot | 2008-04-27 23:28

今日もお散歩

4月26日 土曜日 雨のち晴れ


今週もあっという間に過ぎたなぁ。
せっかくの週末なのに、朝から雨。
いっぱいお散歩しようと思っていたのに・・・。

気持ちを切り替えて、午前中はバアバとAnneと一緒に家の掃除をして整理整頓をしました。
がんばった甲斐あって、家はいつ出産しても大丈夫な状態に。

そして、午後から晴れてきたのでみんなでお散歩へ!
b0061588_18561922.jpg


毎日の通園路の途中に、とてもいい藤の香りを漂わせている神社があります。
今日は、その神社のお祭り。
b0061588_18592449.jpg

先週は五分咲き位だった藤が今週は満開。
b0061588_1905897.jpg

あ~、いいにおい♪

b0061588_1921586.jpg

地元の人たちが出店を出して、みんなでビンゴをしたり、民謡を観たり。
アットホームなお祭りです。
b0061588_194137.jpg

Anneは真剣に水風船をGET!ビンゴでは、オートバイのおもちゃをもらってご満悦。

帰りは、桜が散って今はツツジが満開の乙川沿いを散歩。
b0061588_1962190.jpg

藤も見事だったけど、ツツジも見事だなぁ。
b0061588_1910651.jpg


b0061588_19113916.jpg

(三人+お腹の赤ちゃん)の家族写真はこれが撮り収めかな?
まだ産まれないおかげで、mammaは春の気持ちいい季節にお散歩をたくさんさせてもらって、お腹の赤ちゃんに感謝しなくっちゃ!
[PR]
by i-pot | 2008-04-26 18:48

またまた健診日

4月24日 木曜日 雨


今日もまたまた健診日。
幼稚園が終わったAnneと一緒に吉村医院へ。
b0061588_1191173.jpg


今週はいつ産まれてもいいようにバアバが手伝いに来てくれているので、家で一緒に留守番していたら?と提案したのに、
「イヤだ!吉村先生に会いたいんだもん。絶対にお腹の赤ちゃんを見に行くもん。」
と言い張るので、幼稚園へ迎えに行って大急ぎで向かいました。

最近は、吉村先生の健診でも
「産道著しく柔らかく、子宮口も開いてきている。安産まちがいなし!体に良いものを腹八分目に食べて、よ~く歩いてお産のときを待つのみ!」
の一言。
あっという間に健診が終わってしまうのですが・・・
今日は、先日読み終わった吉村先生の新書「幸せなお産が日本を変える」の感想と先生のこの本に対する思いをお話して、話が盛り上がりました。

Anneも吉村先生が大好きなので、内容を理解しているかは別として話に加わっていました。

もともと「お産は絶対自然がいい!子育ても生き方もなるべく自然にしたいなぁ。」という自分自身の思いは変わらないのですが、この本を読んでみて、その考えを他の人にも広めたらもっと日本は良くなるなぁっていう思いが湧いてきました。
なので、もし興味がある人は是非この本を読んでみてくださいね!

出産前にこの本が出版されて読むことができて良かったなぁ。

4月の初めから子宮口が開いてきて、いつ産まれてもいいと言われちゃったので、まだ産まれていないのは本来ならちょっと不安・・・なのですが、お産は宇宙が行っていると思うと、お腹の赤ちゃんは最高のタイミングで出てこようと思っているに違いないから待っていればいいんだなぁとのんびり構えていられるのです。
そして、そのときがやって来るのがとっても楽しみ♪

我ながら「きっといいお産ができるに違いない☆」なんて思っています。
[PR]
by i-pot | 2008-04-24 23:03

たけのこ

4月23日 水曜日 晴れ


園の玄関に大きなたけのこが飾ってあったので、Anneと一緒に記念撮影。
b0061588_18401759.jpg

幼稚園でお母さんたちのクラスでの役割分担決めがあり、
mammaは、降園前に子どもたちに交通安全のスローガンを唱える
「交通安全唱和係」になりました。
参加できてホッと一安心。

と思ったら、金曜日も朝から参加しなければいけない行事ができ・・・
「それまでは産まれないでね。」
とまたお腹の赤ちゃんにお願い。

ごめんね~。
勝手なお願いばかりして。

幼稚園へ迎えにいくたび、パンパンなお腹を見て、先生もママ達も
「まだ産まれないんだ~。はちきれそうなお腹だね!」
と声をかけてもらうのですが。
またmammaの要望に応えて、週末まで産まれないかな?
[PR]
by i-pot | 2008-04-23 18:33

のんびり休日

4月20日 日曜日 晴れ


ポカポカ陽気に誘われて。
また岡崎城までお散歩してみたら、すっかり新緑の季節になっていました。
b0061588_1841225.jpg


つい先日まで
「桜が散っていくね~。桜が散ったら赤ちゃんが産まれるね。」
なんて話をしていたのに・・・
まだ赤ちゃんは産まれてくる様子がないので、のんびり休日が過ごせちゃったね。
b0061588_1861456.jpg


どこを見てもお花がいっぱい!
タンポポの群生も可愛いね。
b0061588_1875392.jpg

Anneはタンポポの綿帽子を見つけては、種を飛ばして遊んでいました。
b0061588_10364985.jpg


藤の花も咲き始めて、いい香りを漂わせ。
b0061588_189693.jpg

藤の花の下でちょっと休憩。
b0061588_18101290.jpg

いつも藤の花の満開はGW頃だから、今年はmammaは楽しめないかな~なんて思っていたのに、赤ちゃんがお腹でのんびりしてくれているおかげで楽しめちゃったよ。
LUCKY!

岡崎城の中にある龍城神社で5月に稚児行列があるので、申し込みに行きがてら、参拝。
b0061588_1813067.jpg

「お腹の赤ちゃんが元気に産まれてきますように!」
ってAnneが一生懸命、何度も参拝してくれました。
お~い、赤ちゃん。
みんなで楽しみに待っているからね。

b0061588_18161389.jpg

mammaは、お腹の赤ちゃんがのんびりしてくれているお陰で、のんびり休日が過ごせて良かったよ。
今週は、いよいよ会えるかな?
[PR]
by i-pot | 2008-04-20 23:01

親子で交通安全教室

4月19日 土曜日 晴れ


昨日は幼稚園で「親子で交通安全教室」が開かれました。
b0061588_17251634.jpg

岡崎警察署からポリスマンが来て、交通ルールについて一緒に学んだり映画を観たりしました。

本当は講習後に園庭で、実際に信号を渡ったり白線の中を歩く練習をする予定だったのですが、雨だったので、廊下に臨時で作られた横断歩道を渡って教室へ帰りました。

Anneは教室へ戻ると、さっきいろいろなことを教えてもらったポリスマンになりきって白バイに乗って運転中。
b0061588_17294290.jpg

交通安全パトロールに出発!

帰り道も横断歩道があると必ず
「右・左・右!」
と自分で元気に号令をかけて
「車が来ていないから渡れるよ!」
と手を上げて渡っていました。

子どもって本当に素直でかわいいなぁ~。
[PR]
by i-pot | 2008-04-19 23:23

おばあちゃん

4月18日 金曜日 雨


Anneが病気でmammaの陣痛が始まると、
Anneのことを見ている人がいなくて困っていたら・・・

今週は東京からおばあちゃんが助けに来てくれました。

おばあちゃんにmammaは家事などもいっぱい助けてもらって、Anneはいっぱい家で遊んで可愛がってもらって、無事復活!
b0061588_18312915.jpg

また元気に幼稚園へ通えるようになりました。

おばあちゃん、ありがとう。

これでmammaも本当に安心してお産ができるのだけれど、お腹の赤ちゃんはすっかりmammaのお腹の中で居心地が良くなったようで・・・
出てくる気配がなくなってしまいました。
mammaに元気になったAnneと2人の時間を楽しんでねってことかな?

週末はのんびりできそうです。
[PR]
by i-pot | 2008-04-18 23:27

親思い

4月17日 木曜日 雨


ブログの更新がないから、赤ちゃんは産まれたのかなぁ~と心配してくださった皆様。
お腹の赤ちゃんはまだ産まれてきません。

b0061588_2319523.jpg

先週の金曜日まで幼稚園に元気いっぱい通ったAnneは、週末から原因不明の40度近い高熱を3日間も出してダウン。
解熱剤もイマイチ効かなくて、夜中にはAnneが熱性けいれんとひきつけを起こして幻覚まで見ている様子。
darlingもmammaもどうしていいのかわからずオロオロしてしまいました。

週明けには熱も下がってきましたが、すっかり体力が落ちてしまってじんま疹も出ているので幼稚園はお休みしています。

その間にmammaは深夜に10分間隔の陣痛が・・・。
「今はまだ産まれないで~!」
という思いが赤ちゃんに通じたらしく、吉村医院へ到着してしばらくすると陣痛はすっかり治まってしまいました。

診察してくださった助産師さんに
「お腹の赤ちゃんはお母さんのことを一番よくわかっているから、今は大変だなぁ~って思ってお腹に留まってくれているんだね。お母さん思いの赤ちゃんだね。」
と言われました。
まだこんなに小さい赤ちゃんなのに、お母さんのことを思ってくれているんだと思ったら涙が出てきました。

そして、Anneもだいぶ回復してきた今日。
再び吉村医院での健診だったのですが、お腹の赤ちゃんは元気すぎるほど元気で、骨盤に頭がすっぽりとはまり、子宮口も3cmほど開いているとのこと。
もういつ産まれてもいい状態だけれど、お母さんのベストな状態を待っていてくれているみたいです。

吉村先生には、
「あんたは妊婦なら誰もが羨む生まれながらにして安産体型だね。お腹の赤ちゃんもめちゃくちゃ元気だし、安産まちがいなし!」
とお墨付きをいただきました。

お腹の赤ちゃんはAnneが完全に元気になったら、きっと産まれてきてくれるんだね。
mammaも万全の体勢で、あなたを迎えて抱きしめたいよ。
お腹の中でmammaのことを思って、いたわってくれてありがとう。

吉村先生が4月に出版されたばかりの新書
幸せなお産が日本を変える
を購入して帰りました。
まだ読み始めたばかりですが、
「お産は神がやっている、宇宙の力が動かしている」
という言葉を信じて、そのときを待つのみです。
[PR]
by i-pot | 2008-04-17 23:15